レイクは総量規制対象外ですか?

初めてのカードローンに、新生銀行レイクが選ばれることが多くなります。
レイクはテレビコマーシャルでもお馴染みのカードローンで、無利息期間があるのが特徴となります。
総量規制の対象外でもありますので、希望額が年収の3分の1を超えている場合でも申し込めます。

まず、総量規制の対象ローンかどうかは、銀行カードローンかどうかで区別します。
総量規制は、貸金業法が規制する消費者金融会社、クレジット会社、信販会社などのキャッシングが対象となります。

銀行にも「銀行法」という規制するための法律がありますが、融資の上限額を決めるような仕組みはありません。
貸金業法の規制の対象外でもありますので、「年収の3分の1までの融資」という総量規制とは関係がありません。

レイクは、新生銀行のサービスになりますので、必然的に総量規制の対象外ということになります。

新生銀行レイクのカードローンに申込む場合、希望額は100万円以下であることが望ましくなります。
100万円までは収入証明なしで申し込めますが、これを上回る希望額のときは、源泉徴収票や所得証明書などが必要になります。
書類の用意に時間かかってしまうことがありますので、100万円を超える希望額のときは、300万円までは収入証明なしで借りられる「三井住友銀行カードローン」などを選びましょう。

なお、レイクや三井住友銀行カードローンの審査は、30分~1時間で終了しますが、混雑している場合もありますので、余裕をもった申込みを心がけてください。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja