急ぎでも大丈夫

今どきの社会人ならキャッシングできない環境に置くことは、不便なことだと思っています。私は、消費者金融を色々と使ってきましたが、最終的にどこを利用しようか悩んでいました。最後にまだ借り入れをしたことがない、レイクからとりあえず借り入れをしてみようと思い、申し込みをしました。使用感を量るために借り入れをしたと言えば、少し響きはよく聞こえるかもしれませんが、正直かなり切迫している状況でした。明日の生活費がないような状態だったので、急いで借り入れをしなくてはいけません。他社から借り入れすることもできたのですが、レイクはまだ初回借り入れ特典を使っていないので、お得に借り入れすることができます。他社からの借り入れは全額返済しているので、審査に通ると判断しました。他社と大差のない申し込みをして、審査結果を待ちます。予想通り希望金額で審査は通り、借り入れすることができました。今後レイクを使っていくかどうかわかりませんが、今回は助かりました。

初めての消費者金融

私は消費者金融を利用したことがありませんでしたが、今回初めてモビットから借り入れすることにしました。そもそも借金する理由は、彼女に誕生日プレゼントを送る代金としてです。本来であれば前もって貯金をするなりして、お金を用意しておくべきだと思うんですが、何せ最近できたばかりの彼女なので、お金を用意する時間がありませんでした。
モビットを利用する決め手となったのが、自宅から申し込みを完了させることができるので、とても便利だと思ったからです。消費者金融を利用したことがないので、他社のことはわかりませんが、自宅から申し込みをすることに大きなメリットを感じることができましたので、モビットに申込みをすることに。
自宅のパソコンから申し込みをしたのですが、申し込みも簡単で、審査結果が出るまでも非常に早かったと思います。審査結果は希望金額通りに通ったので、無事彼女に誕生日プレゼントを送ることができたので、本当に感謝しています。

レイクは総量規制対象外ですか?

初めてのカードローンに、新生銀行レイクが選ばれることが多くなります。
レイクはテレビコマーシャルでもお馴染みのカードローンで、無利息期間があるのが特徴となります。
総量規制の対象外でもありますので、希望額が年収の3分の1を超えている場合でも申し込めます。

まず、総量規制の対象ローンかどうかは、銀行カードローンかどうかで区別します。
総量規制は、貸金業法が規制する消費者金融会社、クレジット会社、信販会社などのキャッシングが対象となります。

銀行にも「銀行法」という規制するための法律がありますが、融資の上限額を決めるような仕組みはありません。
貸金業法の規制の対象外でもありますので、「年収の3分の1までの融資」という総量規制とは関係がありません。

レイクは、新生銀行のサービスになりますので、必然的に総量規制の対象外ということになります。

新生銀行レイクのカードローンに申込む場合、希望額は100万円以下であることが望ましくなります。
100万円までは収入証明なしで申し込めますが、これを上回る希望額のときは、源泉徴収票や所得証明書などが必要になります。
書類の用意に時間かかってしまうことがありますので、100万円を超える希望額のときは、300万円までは収入証明なしで借りられる「三井住友銀行カードローン」などを選びましょう。

なお、レイクや三井住友銀行カードローンの審査は、30分~1時間で終了しますが、混雑している場合もありますので、余裕をもった申込みを心がけてください。